断薬体験談 » 食事は大事さんの断薬体験談

食事は大事
服用薬 ジプレキサ リスパダール

服用開始 2017年06月

断薬開始 2019年09月

離脱終了 2019年10月

減薬・断薬中の離脱症状

薬剤性フラッシュバックを経験した。
ここは精神科医も見ているからあまり詳しくは書けませんけど。

現在の状態・コメント

少量ですが飲んでいました。
抗精神病薬は
ヘロイン・コカインと全く同一作用機序もつため
断薬。
何度も言おう。
ヘロイン・コカインです。
いや、ヘロイン・コカインよりもタチが悪く抜きにくいです。

精神科医は薬漬けにして、殺しにかかってきます。
それが彼らの正義で、やくざと何も変わりません。
やくざよりタチが悪いです。

後遺症、薬剤性フラッシュバックをすべて経験。
だからこそメジャートランキライザーの恐ろしさがわかります。

もう数年飲んでいたため、もう子供を作ることはできないでしょう。
みなさんそのことは自覚していますか?
子供ができなくなる身体になると知っていたら誰も
薬など飲まないでしょう。
系譜を残せなくなったのです。

子供を作る身体ではなくなり、認知症のようなボケ状態に恐ろしい薬を
飲んではいけません。

徐々に断薬が現実的だが、そこは自分で勉強してとにかく断薬までこぎつけましょう。

皆さん、まずはヤク中のクズということを自覚しましょう。
そこから断薬の闘いは始まります。

サプリを活用するなら、ナイアシンは効果があります。
日本には何故ナイアシン単体で発売がされていないのでしょうね。

それは、精神病が治られたら彼ら利権側が困るからでもありますよね。

ナイアシン、カルマグ、マルチビタミン、低温サウナで解毒、社会毒を避ける、フッ素入りハミガキを使わない、
砂糖を徹底的に避ける。
あとはあらゆる面で依存から脱却しましょう。
自分をとことん否定して発想の転換を図りましょう。
今日からできることをしましょう。

あとジプレキサはメジャートランキライザーの中で最も抜きにくい最悪な薬ということを自覚しましょう。

精神科医の診療の傾向としては、前の病院の診断から変わることがありません。
なぜなら、責任を回避できるから。

精神科に行っても何も解決されませんよ。

そして食事指導や生活指導なども全く受けることはありません。
食事で治るなんて、わかったら患者がいなくなりますからね。

イタリア、北朝鮮ですら精神科病棟はありません。
世界で抗精神病薬の危険性が知られているのに、日本では全くそのような傾向がありません。

日本は世界の抗精神病薬市場の在庫処分場となっています。

精神科医は患者が死のうが全く悪いとか思っていませんよ。
逆に選民して馬鹿を殺そうとやっきになっています。

投薬して死ねばその人の治療は完了です。

精神医療は牧畜だ。
アホは死ね。

すべては優生学から始まります。

精神科医の目的は殺人です。
そんな彼らに癒しなどを求めること自体間違っています。

薬に手を出した私たちはカモられた情弱のバカということをまずは自覚しましょう。

そして、薬漬けにする家族がいた場合、大体は親でしょうが
彼らは毒親です。
精神科医と毒親による華麗な虐待ということも大いに自覚しましょう。

彼らは決して自分では薬を飲みません。
彼らが薬を飲ませたい張本人であります。

そこにある深層心理を子どもを殺したいという心と同じです。

これだけ毒親、毒家族であふれた日本ですので今飲んでいる方は
家族の関係を考えてみたほうがよろしいかと。

精神医療の99%は誤診だそうです。
光何とか検査とやらもでっちあげですよ。

精神科には関わらないこと。

それでも毒親は一生懸命、いい人の仮面を被って精神科に連行させますよね。
皆さんも大体そのケースではありませんか。

2019/02/07 22:00:24
3件のコメント
KURUMI
食事は大事 さん

ジプレキサを何年も服用されたにも関わらず、わずかな期間で断薬を成功されていて驚いています。
具体的にどの程度の容量から、減薬、断薬をされたのでしょうか。
現在、ジプレキサの減薬中で心身共に疲弊しており、藁をも掴む思いで情報をさがしています。心よりご教示をお願いいたします。
2019/02/08 11:14:14
食事は大事
KURUMIさん
私はジプレキサは2ヵ月くらいしか飲んでいませんでした。
一方でリスパダールは3年くらいでしょか。
そもそも何度も断薬を失敗しています。今回で断薬5回目でしょうか。
ジプレキサは最少の粒を飲まされていましたが、
錐体外路の異常や馬鹿になった感は最悪です。
私の場合、禁断症状に慣れていること、
精神科医はどうしようもない人殺しで呆れていること、
そして麻薬に手を出した自分がクズ中のクズで
毒親を信じてしまった自分の自立してなさなど
心の底からクズだと自覚することが足りていませんでした。
大体、薬を止めようとしているのに、薬を飲ませようとする
家族など家族ではありませんから。
わからせようとした自分が馬鹿だった。

そうやって今は自分のことを馬鹿なクズで毒親に頼ってしまった
甘い自分の心がダメだったカスだったと発想の転換が必要です。

この発想の転換ができない限り、どう頑張っても薬から抜けることは
できません。

発想の転換は内海聡先生の本を読んで勉強してみてください。
これが私はできていなかった。
毒親、毒家族に断薬を邪魔されました。

内海医師も毒親がいる限り薬を抜くことはできないとも言っています。

錯乱などは経験して欲しくはないので、慎重にあとは自己責任で。
麻薬を飲んでいるという意識を強く持つことです。
2019/02/08 15:46:07
KURUMI
食事は大事 さん

何度も断薬に挑まれたのですね。
ジプレキサは二ヶ月でしたか。私は既に1年3ヶ月になるので厄介ですね。
兎に角、焦らず慎重に減薬進めます。
今は、1.25mgを1.4錠まで減らしています。
この量で離脱、禁断症状がキツイです。
既に量をステイして10日経ちますが、症状収まりません。がんばります!
2019/02/08 16:54:15

コメントを書く
名前
パスワード
パスワードを設定すると、後からこの投稿を削除する事ができます
 

© 2019 断薬.com All rights reserved.