新機能追加のお知らせ

大概念不当周廷の虚偽さんの断薬体験談

大概念不当周廷の虚偽
服用薬 サイレース ハルシオン フェノバルビタール アナフラニール レクサプロ
服用開始 2021年09月
減薬開始 2022年04月
服用開始のきっかけと症状

~うつ病の発症に関わる時系列~
2019年4月 地方公務員(行政職)採用。県出先機関にて勤務開始。独居。
2021年4月 初任地から、転勤となる。
2021年6月 人間関係の不和が生じ、中途覚醒等の不眠症状が発現し始める。
2021年9月 精神科を受診。うつ病と診断され2か月間休職。当初の処方箋は減薬開始時点のものとは一部異なる。
2022年11月 復職する。
2022年1月 通院を続けていたが、うつ病(主に不眠症状及び予期不安)が再燃、現在まで休職。復職を2023年4月に見据え、父の実家にて祖母の手伝いをしながら療養中。
2022年3月 減薬開始時点と同じ処方箋となる。
2022年4月 完全に自己判断、自己責任の上で減薬(ほぼ断薬)を開始。また、記録及び情報共有のため断薬.comの投稿に至る。

★追記が可能なようなので、新たな離脱症状等については、発現し次第随時追記します。


~減薬開始時点での投薬の状況の詳細~
①睡眠薬
・サイレース:2mg/日
・ハルシオン:0.5mg/日
・ フェノバルビタール :30mg/日

②SSRI
・レクサプロ:10mg/日

③三環系/四環系抗鬱剤
・アナフラニール:10mg/日


~詳細な減薬状況と減薬に踏み切った経緯、今後の方針~
○詳細な減薬状況
・原則的にすべての薬の使用を中止する。
・ただし、過去2日間連続で、不眠症状(おおむね睡眠時間が3時間を下回る場合など)が発現していた場合は、その翌日の就寝前に限りハルシオン 0.125mgのみ服用。

○減薬に踏み切った経緯
・親が製薬会社勤務であり、精神薬の服用について否定的であったため。
・1年後の復職を見据え、自身の健康のボーダーラインを「服薬が当たり前の状態」から「服薬なしで日常生活を送れる状態」へ上げるため。

○今後の方針
・趣味(音楽を聴く、ゲームする、twitterで同人絵を漁るなど かなりオタク趣味ですw)や運動(主にジョギング)、起床時の日光浴、セロトニンが多く含まれる食品の摂取など、薬以外のアプローチも継続して行っていく予定です。
・予期せず耐えがたい離脱症状が発生した場合、減薬の緩和や中断を行う可能性があります。

減薬・断薬中の離脱症状

2022年4月14日 減薬開始。

~離脱症状と考えられる症状で現在までに収まったもの~
なし。


~現在、発現している離脱症状~
2022年4月14日~現在
・不眠症状の再発。具体的には入眠障害及び中途覚醒により睡眠時間が0~3時間程度となる。
以降、3日に1回程度の頻度でハルシオン 0.125mgを服用する。
もっと感覚的な話をするなら、健康体の時の起床時の活動量やテンションと就寝時の活動量やテンションの波を完全に平均(まっ平に)した感じ。

2022年4月16日~現在
・予期不安(うつ病発症時と比較して強く感じる。)
・だるさ(運動神経の低下。筋肉にあまり強く力が入らなくなる。歩行や家事などは行える。)
・食欲減退(以前の65%程度の摂食量となる。食品の偏りは生じていない。現在までに体重およそ1kg減。)
・下痢(軟便)
・指先のしびれ(ひどくない)
・めまい(急に立ったり、振り返ったりするとグラっとくる。)

現在の状態・コメント

コメントの通知を許可しています。

ご質問やアドバイス等がございましたら、お寄せください。患者同士支えあっていくことも断薬への第一歩になると思います。
(特に運動や食生活等、薬以外でのアプローチの助言については歓迎いたします。減薬や断薬の支えになっている趣味等についてもお教えください。)

なお、本投稿で得た情報からいかなるトラブルが発生しても、こちらは一切責任を持ちません。
また、本投稿は投薬治療や精神科・心療内科での医療行為を全て否定するものではありません。

2022/04/19 09:23:31
コメントはまだありません

コメントを書く
名前
パスワード
パスワードを設定すると、後からこの投稿を削除する事ができます