みーちゃんさんの断薬体験談

みーちゃん
服用薬 ロヒプノール ルネスタ ベルソムラ サインバルタ パキシル
服用開始 2004年06月
減薬開始 2016年10月
断薬開始 2017年12月
減薬・断薬中の離脱症状

はじめまして。
パキシルを約12年飲み続けサインバルタに変更しました。
そのときの症状は、目を動かすと脈が飛んだような感覚になりました。これはかなり頻繁になり、吐き気を伴うこともありました。
脳がしびれたような感覚、締め付けられた感覚もありました。
2ヶ月間ほぼ寝たきりでしたがパキシル断薬に成功しました。
次にサインバルタですが、今断薬1ヶ月経ちますが症状が酷く、離脱症状なのか再発なのかわからなくなっています。
目を動かした時の脈が飛ぶような感覚。
胃痛、胃部不快感。
たまに関節、筋肉の痛み。
多屁。

現在の状態・コメント

現在進行形で断薬中ですが
脈が飛ぶ感覚
胃痛で困っています。
食欲はあります。
断薬で胃痛は考えられるでしょうか?

2018/02/01 20:25:29
5件のコメント
しゃららん
その後、体調はどうですか?
サインバルタの離脱症状は凄まじいものだと、薬剤師さんも教えてくれました。

まだ時々動悸がありますが、なんとかなっています。

つらいけど、悲しいけど、この瞬間は二度と戻らないから、次に来る時間が少しずつ楽になっていけば言いと思っています。

絶対、辛くない時間は来るのだから、頑張ってくださいね。
2018/02/27 12:50:04
みーちゃん
しゃららんさん、返信ありがとうございます。
セロトニンを脳で作る機能が復活すると聞きホッとしました。
胃ですが、現在タケキャブを服用しています。痛み、不快感が和らぎました。
うつ病になってから胃に症状が出ることが多くて、毎年3回くらいは胃の症状が長く続き悩まされています。今までの経験だと夏は比較的調子が良いです。
食欲は過食気味です。
2018/02/06 20:14:57
しゃららん
みーちゃんさん、セロトニンは必要なんですよ。脳のセロトニンが不足しているためにうつ病になるという仮説の元に作られた薬がパキシルやサインバルタです。脳のなかのセロトニンを逃さない薬なんです。でも、セロトニンを自分で作る脳の機能は復活しますよ。パキシルやサインバルタをやめると、休んでいた機能が働き始めるまで不調ですけどね。サインバルタが抜けるときの衝撃は、つらいですよね。私は、ビカビカーっと、脳に電流が流れたようでした。胃の不調もつらそうですね。食事とれていますか。
2018/02/06 18:47:46
みーちゃん
しゃららん様!
返信ありがとうございます。
胃痛、不快感はうつ病になってからの症状です。胃カメラで機能性胃腸症、胃炎、逆流性食道炎と診断されています。
毎年の何回か胃の痛みや、もたれ、吐き気に悩まされています。
断薬して全ての症状がなくなり、スッキリした日々を過ごしたいので我慢できています。
反面、再発やセロトニンが薬無しでちゃんと脳から出ているのか、心配です。
2018/02/02 23:19:32
しゃららん
みーちゃん様。サインバルタの離脱、私も苦しみました。胃痛があっても食欲のもサインバルタの離脱症状だと思います。胃痛は、ストレスではないですか?食べて吐かなければ、様子を見てもよいかと思います。腸活をしてくださいね。可能なら処方薬でビオスリーという整腸剤があります。それと、ラクチュロースをあわせて毎日飲むことをすすめます。離脱症状には必ず力になります。がんばりましょう。
2018/02/02 18:52:28

コメントを書く
名前
パスワード
パスワードを設定すると、後からこの投稿を削除する事ができます