断薬体験談 » yakimaさんの断薬体験談

yakima
服用薬 ハルシオン マイスリー ルネスタ ベルソムラ デパス リフレックス セロクエル

服用開始 2011年04月

減薬開始 2018年07月

減薬・断薬中の離脱症状

睡眠障害病歴9年で、様々な睡眠薬を処方されましたが全くよくなる兆しが見えず、2018年7月28日から断薬を決意し、デパスとハルシオンの減薬を開始しました。

1.ハルシオン 0.25㎎ → 0.18mg
2.デパス 1.5㎎(2018/7/28) → 1㎎(2018/7/29) → 0.94mg(2018/8/14)→0(2018/12)

【現在の症状】
2019年1月現在、減薬によりより戻しで、睡眠、体調ともに悪化しています。
睡眠は2時間/日が週に3日程度で、残りは絶不眠です。
体調は、肩の硬直と便秘に悩まされています。特に肩の硬直はひどく、バキバキで普通に動かすことができません。

【離脱症状】
ひどい目眩 → 解消
吐き気 → 解消
視力が急激に悪化
頭のグアーン、グワーン感 → 解消
喉の違和感 → 6割解消
肩と首の凝り(特に午前中と午後) → 悪化
便秘 → 軽減
食欲不振 → 3割解消

※不眠と肩の硬直の悪化で、2019/1現在、すべて減薬前より悪化しているように考えていたが、今こうしてみると、肩、便秘、不眠以外は快方に向かっていることに気づき、感激!減薬・断薬を続けるぞ!

【離脱症状】
離脱症状は、睡眠不足で起きている体調不良なのか、加齢なのか、薬の副作用なのか、最初はわかりませんでした。私は、8年間、体調の悪化は睡眠不足と加齢が原因だと思っていました。しかし、今まで体験してきた体調不良は殆どが離脱症状だということがわかり唖然としています。

ベンゾ系及び向精神薬を服用されている方、特に長期に処方され具合が悪化する一方の方は、処方されている薬の離脱症状が原因だと思います。医者に相談しても減薬に協力してくれませんし、協力してくれても余計に体調を崩す可能性が高いです。勇気を持って、減薬・断薬を決意し、実行に踏み出すことをお勧めします。

僕が知っていることは、何でも答えますので一緒に頑張りましょう!

@sleeplessagogo

現在の状態・コメント

2019/1/21
デパスとハルシオンを断薬して11日目になりました。

絶不眠が22日連続ですが、便秘は解消し、肩の硬直も4割減しました。
精神的な落ち込みもなく、あとは入眠を待つだけです。

ハルシオンはスピード断薬しても、目立った離脱はなく、逆に発症していた酷い離脱(便秘、肩の硬直)は軽減しました。

2019/1/17
デパスとハルシオンを断薬して7日目になりました。

絶不眠が連続16日続いていますが、断薬後便秘は解消、肩の硬直は少し軽減しました。
絶不眠は今までの記録の5日間を超える前後は、かなり精神的に落ち込みましたが、10日を超えると別にどうってことなくなってきました。絶不眠が原因のふらつき、めまい、吐き気、集中力低下などは全くありません。仕事も休まず行っています。

睡眠薬を減薬する方は、必ずぶつかる高い壁である絶不眠ですが、必ず乗り越えます。不眠症の減薬に悩んでる方も絶不眠に怯むことなく減薬を継続していきましょう!

2019/1/13
デパスとハルシオン減薬開始170日目になりました。1/11にハルシオンを断薬し、これですべて断薬できました!
まだ、肩の硬直としつこい便秘の2つが離脱症状として残っていますが、時間と共に軽減するでしょう。

しかーし、不眠はやはり悪化しています。現在、大晦日から1日だけ、しかも2時間しか眠れておらず、残りの12日間は
絶不眠です。どなたか、眠剤を服用しないと入眠もできなかったという経験を克服された方がいらっしゃいましたら、
どのように克服されたか教えて頂ければ幸いです。

それでは、現在の状況を以下に簡単にまとめておきます。

【減薬状況】2018/7/28から開始
デパス 1.5mg→0 2018/12/16 断薬成功!
ハルシオン 0.25→0.125→0 2019/1/11断薬成功!

【体調】
11月、12月は便秘と肩の硬直が減薬前に逆戻りし、睡眠も悪化し2時間睡眠に

12月下旬から便秘と肩の硬直は軽減、睡眠は更に悪化し2/3は絶不眠日です。

1月中旬に離脱はハルシオンの日中血中濃度変化だと推論し、一気断薬を結構

【不眠】
大晦日から1日を除きすべて絶不眠日

【離脱悪化時の対応】
ナイアシンを1日300mg飲んで、便秘と肩の硬直が軽減
ナイアシンを1500mg飲むと体調を壊す

2019/1/4
デパス減薬159日目になりましたので状況を共有いたします。
現在の状況は、体調はまあまあで、睡眠は減薬後最悪レベルですが、それほど体調的にきつくはありません。

【減薬状況】
デパス 1.5mg→0 断薬成功!
ハルシオン 0.25→0.125

【体調】
11月、12月は便秘と肩の硬直が減薬前に逆戻りし、睡眠も悪化し2時間睡眠に

12月下旬から便秘と肩の硬直は軽減、睡眠は更に悪化し2/3は絶不眠日です。

【不眠】
現在、1日平均2時間
絶不眠は1週間に3〜5日程度


【離脱悪化時の対応】
ナイアシンを1日300mg飲んで、便秘と肩の硬直が軽減
ナイアシンを1500mg飲むと体調を壊す
−−−−

11/6
【まとめ】
10月中旬から睡眠、体調ともに悪化(減薬前よりは良い)、より戻しか?、又はデパス減薬の効果が消失したのか?

【減薬】
ハルシオン 0.25㎎
デパス 1.5㎎ (1日)→ 1㎎ (1か月)→0.8㎎→(10日間)0.76mg→(約2ヶ月)0.36mg

【睡眠】
減薬3週目 不眠が悪化
減薬4週目 睡眠状態が回復してくる(絶不眠日が減少、1日平均睡眠時間が2時間→5時間(中途覚醒は頻繁))
減薬7週目 平均睡眠時間 2〜5時間(中途覚醒あり)、地震被災を3日程受けるが絶不眠日は2日のみ
減薬14週目 平均睡眠時間 1〜2時間 (9月5時間→10月2〜5時間→11月1〜2時間)

【体調】
減薬3週目 劇的に回復(肩の硬直、便秘、食欲不振など)
減薬4週目 快調
減薬7週目 快調
減薬14週目 肩の硬直悪化、便秘、食欲不振


【今後の減薬戦略】
−デパス0.36でステイ
−ハルシオン 減薬開始(11/6夜開始)

デパスの減薬効果が消失したと認識。理由は、肩の硬直がデパスで軽減しないこと、肩の硬直が悪化する時間帯が以前と違うこと。現在の肩の硬直は、ハルシオンの離脱症状だと推測。本日からハルシオンの減薬を試してみる。


9月2日
【減薬】
ハルシオン 0.25㎎
デパス 1.5㎎ (1日)→ 1㎎ (1か月)→0.8㎎
【睡眠】
減薬3週目 不眠が悪化
減薬4週目 睡眠状態が回復してくる(絶不眠日が減少、1日平均睡眠時間が2時間→5時間(中途覚醒は頻繁))

【体調】
劇的に回復
肩と首の凝りくらいだが、我慢できるレベル
この3年感じたことの無いほど回復

【離脱症状緩和のヒント】
1)就寝前に服用していたデパスを3分割し、就寝前、9時、15時に服用するように変更。これで肩、首の凝りが劇的に改善した
2)温冷シャワーを1日3回浴びている。リラックス効果があり、心拍数が下がる。

【今後の減薬戦略】
デパスの服用回数を3回→4回に増やして、1日の血中濃度を安定させ、脳をコントロールできるようにしようと画策中。心拍数を見ながら、進める予定。

8月14日 17日目
【減薬】
デパス1.5から、1日0.5-1%を脈拍数見ながら減薬、現在0.94mgまで減薬
ハルシオン0.25mg 現状維持

【睡眠】
悪化したが体調が良いので気にしないことにしている
具体的には絶不眠日が2倍に増えた

【体調】
この3年感じたことの無いほど回復した。1週間の半分は一睡もしていないのに不思議だ

【離脱症状緩和のヒント】
1)就寝前に服用していたデパスを3分割し、就寝前、9時、15時に服用するように変更。これで肩、首の凝りが劇的に改善した
2)睡眠不足からか朝のモヤモヤ感、減薬加速時の離脱症状には、温冷シャワーが非常に効果的なことがわかった。最初は、心臓に悪いのではないかと怖かったが、毎日やっていると水の冷たさに体が慣れてきて、水のシャワーが楽しみになってくる。現在、朝、帰宅時、就寝前の3回浴びている。温冷シャワーは自律神経のスイッチが入る効果があるらしい。

8月11日 減薬15日目
【減薬】
デパス1.5から、1日0.5-1%を脈拍数見ながら減薬
ハルシオン0.25mg 現状維持

【睡眠】
減薬前と比べてあまり変わらない。しかし、中途覚醒の時間が減薬前はぴったり2時間だったのが1〜5時間になった。中途覚醒後、再入眠できないのは変わらない。

【体調】
全体的に劇的によくなった
特に肩や首の酷いコリは、波はあるが半分以下になった。
便秘は完治
喉の違和感とブツブツ 軽減
めまい 完治
食欲不振完治

【備考】
8年間ありとあらえるベンゾを飲まされ、向精神薬で希死念慮に取り憑かれたのはなんだったのか?

体調が悪かったのは、不眠や加齢が原因ではなく睡眠薬自体だったと確信。おそらく睡眠も睡眠薬が原因だろう。

あくびがでるようになり、軽い筋肉痛を感じるようになった。眠ったあとの気だるさを感じるようになった。味覚が戻ってきた。

——————-//////




8月9日(木)
減薬12日目
【概況】
7月28日~29日
ハルシオン 1mg
デパス 1.5mg → 1mg に一気断薬
睡眠:減薬するも変わらず(0~3時間、2日間5時間眠れた)
離脱症状:
悪化:肩凝り、めまい
軽減:便秘、喉の違和感とぶつぶつ、ふらつき

7/28-8/6
ハルシオン 0.25mg
デパス 1mgから毎日0.5%づつ減薬→0.975mg 
睡眠:減薬するも変わらず(2~3時間)
軽減:便秘はほぼ完治、喉の違和感完治、食欲回復
悪化:肩凝り、めまい

8/6-8/7
ハルシオン 0.25mg
デパス 0.975mgでステイ 
※脈拍が66から73に上昇したので、ステイ。ステイ中に脈拍が70まで低下したので、減薬再開。
睡眠:0~3時間

8/7-8/9
ハルシオン 0.25mg
デパス 0.975mgから0.5%づつ減薬
※減薬再開及び就寝前に服用していたデパスを2分し、就寝前と朝に服用してみることにした。
睡眠:3時間
軽減:肩凝り、めまい

【劇的に回復か?】
昨日、肩や首の凝りがMAXでかなり苦しんだのですが、脈拍が安定したので減薬再開、しかも、デパスを2分したので就寝前に服用したデパスは、0.4874mgとデパス1錠程度。ところが、睡眠は3時間取れ、肩凝りが無い。肩凝りが殆どない。肩凝りが殆どないなんて2月第一週から1日もないのです。今までの酷い肩凝りはデパスの過量による、服用間離脱だったのだろうか?たった1日だが、こんなに調子がいいのは、本当に何年ぶりかだ。これが1日で終わってほしくないなあ。


----------
はじめまして。よろしくお願いいたします。

【現在の症状】
2011年から軽い睡眠障害始まって、2014年くらいから睡眠障害が悪化、2015年からは睡眠薬を飲んでも全く眠れなくなりました。現在も眠剤を服用していても、2時間程で覚醒してしまいます。絶不眠も1か月に5~10日程あり、メンタル的にも体力的にも非常にきつい状況です。不眠の他に、食欲不振、ひどい肩と首のコリ、食欲不振、喉の違和感、耳鳴り、性欲減退、集中力欠如、アカシジアなど体調不良のオンパレードです。これらの不調は、すべて不眠が原因だと思っていましたが、どうやら体調不良も不眠そのものも薬自体が原因だとやっと気づきました。

【処方された睡眠薬と向精神薬】
その過程で、マイスリーから睡眠薬の種類や処方量が増え、2015年には種類程処方されていましたが、お恥ずかしいことに2015年以前は記録が残っていないので詳細は不明です。残っている眠剤を書き出すとフルニトゼラム、クアゼパム、プロチゾラム、ワイパックス、ルネスタ、マイスリー、ベルぞラムなどですが、どの順序とどの組み合わせで処方されていたかは覚えていません。
【海外の精神科医で向精神薬を眠剤代替薬として処方】
2017年に知り合いのつてで海外の病院に行き睡眠薬ではなく、向精神薬の副作用で治療するという方針のもと、向精神薬を4種類(セロクエル、リフレックス、circadin 、Deanxit)処方され、日本に帰国後も約5カ月服用していました。しかし、これで状態が悪化しました。

確かに5時間程眠れるようになりましたが、日中の体調が最悪で日常生活を送ることができるレベルではありませんでした。また、改善したと思われた睡眠についても3か月程で効果が無くなってきました。これでは、体も心も持たないと、これらの薬(セロクエル、リフレックス、circadin 、Deanxit)は約2か月をかけて自分で断薬を決行、これでかなりひどい離脱症状を経験しました。最悪期は、2週間程、自殺ギリギリまで落ち込みました。その時の離脱症状の1つとして今でも続いているのが酷い首や肩の凝りです。向精神薬を断薬し、日中の体調が改善したにも関わらず、この時点では、まだ睡眠障害自体や体調の悪さを眠剤自体が原因だとは思っていませんでした。

【直近の処方薬と症状】
その後、2018年1月から日本の精神科に戻り、また睡眠薬を処方してもらいました。ただ、多剤処方に懲りたので、最近は眠れなくても薬は2種類に絞って処方してもらっています。現在の処方薬は、以下の通りです。

1.ハルシオン 0.25㎎
2.デパス 1.5㎎

ここ8カ月くらいは、デパスの効果がなくなると、ルネスタやフルニトゼラムなどに替えてもらっていました。

睡眠は、ほぼ毎日2時間程度で、月に5~10日程度、絶不眠のことがあります。不眠の他にも、肩や首のひどいコリ、食欲不振、耳鳴り、喉の違和感などがあります。

【断薬の決意】
今まで8年近くで、10か所以上の精神科を変えて来ましたが全く回復せず、お先真っ暗の中、ネットで断薬という治療の選択肢があることをはじめて知り断薬を決意しました。なんとなく、薬自体に不眠にされているイメージはありましたが、同じような症状の方がこれほど多いとは思いませんでした。

先週から減薬を実行していますが、最初は、かなり急激に減薬してしまい、めまいや頭のグアーングアーン感など離脱症状を出ています。
今後は1日0.5%程度づつ徐々に減薬していく予定です。

デパス、ハルシオンなど睡眠薬の減薬、断薬経験のある方はアドバイスをお願いいたします。

2019/01/22 13:20:03
26件のコメント
ネロリ
yakimaさん

おはようございます。

yakimaさん、デパス減薬お疲れ様です。また、北海道の地震では、とても
ご苦労されましたね。大丈夫でいらっしゃいましたか?離脱に加えて基盤であります生活が、天災によって脅かされるのは、とてもお辛かったとお察し致します。お大事になさって下さい。

減薬のデパスですが、ベンゾ系なので
減らしてきますと当然に眠れなくなります。ベンゾジアゼピンは作用が、
一に睡眠、ニに筋肉の緩和、三に
精神安定、とありますので減らすと
これ全部真逆の作用になります。

眠れない、筋肉が痛い、イライラ
なんか、まるで○○剤のような話し
ですが反対の作用がそのまんまダイレクトに出るので、困りものです。
これを先に知っていたら、薬なんか飲まないのですが病院でもここを
教えてはくれません。

知っているのは私たち断薬を経験している当事者のみです。
私はちょうどずべての薬を辞めて一年ですが、やうやく4.5時間の睡眠を
獲得する事が出来ました。
yakimaさんのように、減薬の時
断薬直後が一番きつかったです。
この世の終わりのような時間を
過ごしました。でも、耐え抜いたので
今は、痛みを抱えながら日常の生活が
出来るレベルまで上がってきたので
どうか、yakimaさんも希望を捨てず
上手に乗り切って下さい。

悪夢は、記憶の整理と思い
膿を出し切って下さい。
今思えば、笑っちゃうような
オカルト映画満載の夢をこれでもか
これでもかと見ました。
脳の扁桃体が暴走してるのでしょうね。追いかけられたり、夢で戦ったり
まぁまぁ、グロいのなんのって、
断薬ファイターはこれが普通なので
ご安心して下さい。変な慰めですが
ご勘弁下さいませ。

では、yakimaさんのデパス減薬が
粛々と進みますことをお祈り致します。^^
2018/11/08 07:26:28
清田
別のSNSやブログでそっくりの方をお見掛けいたしました。
同一としますと、本当に頑張っておられますね。敬服いたします。
ハルシオンも強敵と聞きますが、yakimaさんなら大丈夫です。
抗ヒスタミン系で少し眠れるものの体調最悪、さらに数か月で効かなくなる、という経験を私もしました。体質が似ておられるのかと勝手に親近感を持っております。
是非とも成功させてください。
応援しております。
私も頑張ります。
2018/11/11 23:30:42
ネロリ
yakimaさん

こちらに書き込みますね。
その方が、早くyakimaさんに
伝わるので。

そうですか。まだ、お薬が少し
残っていらっしゃるのですね。
ここが、一番きついかもです。
断薬直前と断薬0.から3.4ケ月

私も、1時間睡眠か、絶不眠でした。
しんどいですね。
なんとか、今日は寝れるといいのですが。

ナイアシンは、朝に飲んでいます。
夜だと、フラッシュが気になってしまったり、するので。

昼は行動してるので、フラッシュも
あまり気にならなくなります。
あと、血管が拡張さるので、
ややのぼせるかもしれませんね。

たぶん、yakimaさんの状態は
はっきりとは、言えませんが
断薬直前の、離脱症状と
ナイアシンのフラッシュにより
血流が良くなるので、体温も上がって
しまうかも。?です。

一旦、服用を止めて、ナイアシン0
の状態でも、体温が上がるようでしたら、離脱症状だと思って下さい。

逆に、離脱で、夏でも寒い寒いと
トレーナー、靴下を履いてた事も
あるので、いろいろなパターンが
あると思います。

yakimaさん.一番の踏ん張りどころです。断薬直前、断薬直後

軽い方は、お仕事も出てる人も
いますが、私なんて死んだ方が
楽だな。と思うくらいに過酷な状態でした。だから、ひとつで縄じゃいかないのです。

どうか、yakimaさんのお身体が
楽になりますように、お祈りしています。m_m
2019/01/06 12:36:02
Yakima
ネロリさん、本当にありがとうございます。私のスレッドにご回答頂き、お心遣い感謝します。

僕は、6日眠れなくても働いています。アカシジアを伴う臨死状態を昨年の2月に3ヶ月間体験しているので、それに比べれば、この先3か月の離脱は大した事はないと思います。昨年は会社も1ヶ月離職しました。昨年とは、体力も精神力も全然違いますので。何より、減薬という治療方とネロリさんのような同士を得られたことが心の支えになっています。

ナイアシンは、結構は良くなってますね。昨年なら-3度だと寒くて耐えられなかったんですが、今年は大したことなく感じます。また、減薬が進んだ事で極度の冷え性がなくなったのも関係していると思います。

ナイアシンは、僕も解毒作用、血行促進、そして何より腸内セロトニンの分泌促進で3か月続いていた便秘が一発で治った点を考えると、本当はストップしたくないのですが。

ナイアシンを飲むと、とにかく、身体が火照って眠れないんですよねえ。

僕の仮説では、今私に起きている主な不調である不眠、肩の硬直、便秘は、おそらくセロトニンの分泌で解決できるんだと思っています。

不眠→脳内セロトニン→メラトニンの分泌→体温調節改善→入眠

便秘→腸内セロトニン分泌→ぜん動運動促進→便秘解消

肩の硬直→脳内セロトニン分泌→ドーパミンの異常分泌制御→肩の筋弛緩

だからナイアシンは、不眠と離脱に欠かせないビタミンなんです。

一旦、ストップして、睡眠を少しとり、それから朝のみ100mgで再開してみます!
2019/01/06 14:27:48
Yakima
はちみつさん、こんにちは。

お返事遅れて申し訳ございません。実は、2018年7月28日に減薬を始め、どんどん体調が良くなっていったんですが、11月、12月に不眠も離脱も悪化してしまい、このサイトを見る気にもなれず..。ただ、年を越して、睡眠は更に悪化していますが、体調は少し戻ってきました。ちなみに、現在、絶不眠6日目で今年になってから一睡もできていません((+_+)) まあ、でも11月、12月よりは体調は良いです。

僕は、現在デパスの減薬は思い切って一気に終わらせ、残りはハルシオン0.125~0.18なんですが、どうもこの常用量では眠れないようです。ならば、一気に断薬してしまおうかどうか迷っているところです。絶不眠でも、以前のように怠くもなく、メンタル的に落ち込むこともありません。ただ、漠然とサイボーグのようにこの先一睡も出来ずに生きていくのではないかと少し不安になります。

まあ、どちらにせよ離脱は出ていますし、総合的には減薬が進むと離脱は少しづつ軽減されていますおで、これ以上ひどくなるような気はしません。ならば、絶不眠が1か月続こうが、3か月続こうが、断薬して脳が正常機能するまで待つしかないかなあと思っています。

さて、どうしようかなあ。
2019/01/06 14:43:27
Yakima
清田さん、あけましておめでとうございます。

ご返事が遅れて失礼しました。11月、12月と睡眠も離脱も悪化して、ここに来る気もしませんでした。

別のブログやSNSで同じ症状の方、多分僕だと思いますよ(^。^)

減薬はデパスは完了し、ハルシオンが0.125~0.18まで来ましたが、全く眠れなくなりました。どうせ眠れないなら断薬してしまおうか迷っているところです。現在、昨年の大晦日から一睡もできておらず、このまま3月まで眠れないなどと考えると、少し怖くなります。

まあ、減薬を始める頃も心の葛藤がありましたので、やるしかないのだと思っています。

離脱症状を軽減するためにナイアシンを使いたいのですが、4度失敗しており、なんとか体内にナイアシンを取り入れる方法を模索中です。

断薬は遅くとも3月までには断行します。
2019/01/06 14:52:34
Yakima
みなさん、あけましておめでとうございます。

このサイトのユーザの方々の励まし合いのコメントを見ていると、ふと涙が出てきてしまいます。それと同時に、このような危険な薬や医療行為が野放しにされ、医原疾患の治療法さえ患者自らが開発しなければならない状況を本当に腹立たしく思います。

僕は、ネット業界で働いています。Google検索のスペシャリストと言われても良い立場だと思います。

しかし、そんな私が、眠剤を常用してから8年間、不眠症の治療の選択肢に減薬・断薬があるということを全く知りませんでした。直観的に、眠剤が良くないのではないかと、1~2日断薬を試み、やっぱり入眠できないので、また再服用することを何度も繰り返していました。眠剤がどのようにして脳の機能障害を生じさせ、不眠症を悪化させ、引いては様々な体調不良を起こすのかなどということは、全く知りませんでした。

皆さん、不眠で悩んだとき、原因や医療機関を調べる時に、必ずGoogleを使うはずです。僕の推測では、患者の約7割が不眠症関連の検索をしています。

ところが、その肝心な検索結果が全く役に立たないのです。
Googleで「不眠症」、「睡眠障害」などと検索した時に、フミ〇―ズなど全く役に立たない睡眠情報サイトや御用医師の適当な不眠に関する解説、不眠症関連商品のアフィリエイトサイトなど、真剣に不眠に悩む人々に不必要な情報ばかりが検索結果として表示されます。僕は、この検索結果こそが諸悪の根源だと思います。

極端な話ですが、Googleで「不眠症」と検索した時に:

1.眠剤が原因のもとで不眠症になる....
2.精神科医に行くと不眠症は悪化する....
3.不眠症は減薬・断薬でしか良くならない....

という検索結果だったら、これほど多くの不眠症患者はいないはずです。

「不眠症」や「睡眠障害」で検索した時に、その検索結果がユーザーが本当に必要な情報になっていれば、不眠症患者がこれほど多くなることもありませんし、不眠症になってもベンゾ依存にはならなくて済むはずです。

こんな状況を放置していてはいけない。本気でそう思っています。
僕は、まだ不眠症を克服するまでまだ1年半かかると見積もっています。しかし、不眠症を克服したら検索の問題に少しづつ取り組みたいと考えています。
2019/01/06 15:22:12
ネロリ
yakimaさん

追加です。思い出しました。
ナイアシンフラッシュで
体温が上がります。身体じゅうが
熱くなり、火照ります。

これは、飲みはじめの方が
ヒスタミンの放出が大量に行われるので、とても強いです。茹でタコみたい
2019/01/06 15:42:51
yakima
ネロリさん

ナイアシンフラッシュは気にしていません。
体温が上がっても、赤くなっても、痒くなっても全く気になっていません。体中が熱くなるのも知っていますし、何も気にしていません。

僕が身体が熱いと行っているのは就寝時です。就寝時に体温が下がらないのです。これは僕の体質的なものもあると思うのですが、ナイアシンを飲むとこれが顕著に出ます。

だいたい21時位から手足が火照り始め、22〜2時位に火照りがマックスになるので、入眠できないのです。これは、フラッシュとは関係ありません。また、フラッシュは服用量とは関係なく1〜2回で生じなくなります。

ネロリさんは、フラッシュのことを気にしてコメントをしてくれているのかと思いますが、私はフラッシュのことは全く気にしてないんですよ。

ナイアシンフラッシュではなく、ナイアシン服用後に常時、脈拍数と体温が上昇するのが不眠、体調不良に繋がるのです。
2019/01/07 16:14:57
はちみつ
Yakima さん
全くその通りです。
私も入り口は不眠症でした。悩み事からノイローゼ気味になり眠れなくなってしまったことがきっかけで眠りたい眠りたいと思うようになり医者で睡眠薬を貰えば眠れんるんだと安易に受診してしまいました。睡眠薬を貰った時はこれでやっと眠れると喜んでいました。地獄の入り口とは全く思いませんでした。
本来このような薬は安易にほいほい処方していいような薬ではないはずです。処方する際も医師はきちんと説明する義務があると思います。
それが全くない。患者は何も知らず悪魔の薬を飲まされる。そして精神科のお得意様になる。
この現状が腐りきってます。
2019/01/22 13:36:56

コメントを書く
名前
パスワード
パスワードを設定すると、後からこの投稿を削除する事ができます
 

© 2019 断薬.com All rights reserved.