断薬体験談 » GJさんの断薬体験談

GJ
服用薬 レンドルミン ソラナックス リフレックス

服用開始 2015年10月

減薬開始 2016年11月

断薬開始 2017年01月

服用開始のきっかけと症状

急に今まで感じたこともない目眩や死の恐怖が、止まらなくなり救急車をよんだのが始まりでした。

減薬・断薬中の離脱症状

初期にサインバルタ、レクサプロも、試していますが慣れるまで何日間は体調崩すと言われ即却下しています。その他コリの薬としてアロフト、エペリゾン、ノイロトロピン(全く意味なし)
パニック発作
思考の偏り何でも悪いほうへ捉えてしまう。
頭にモヤがかかったようなフワフワした感覚
全身の関節の痛み
手足の軽いマヒのような症状
慢性的な便秘
平衡感覚の異常
歯がたまにカチカチ当たる
不安感
もっと恐い病気なんじゃないかと恐怖してました
脱力感、体がスリープモードになり同じ姿勢が続く
聴覚過敏
レジなど広場恐怖、
スネやふくらはぎの痛み
胸の焼けるような痛み、感覚
背中の痛み、肩甲骨のコリ痛み
目を開けているのが辛い
首コリなどなど(´-`)

現在の状態・コメント

2019.10.06

お久しぶりです。

実は9月にJADP 上級心理カウンセラーメンタル心理カウンセラーという資格をとりました。
心理にかんして本当の情報を知りたかったためです。

他に役にたつのかはわかりませんが……(^^)


自分は病院や医師に対して憎しみなどはありません。(自分の通っていた病院と医師にはです)

なぜなら病院の空きがなく一番評判の悪い病院、ぶっきらぼうな先生だったため薬物療法を疑うことができたからです。

どうやら長年薬物療法を信じている方は「信頼できる良い先生」だと言われる方が多いです。

ちなみに急性期には薬も必要だったともおもいます。



2019.9.10

https://youtu.be/XH1vpLjWV_U
参考動画です。

こんにちは(^^)

あらためて精神状態から身体状態まで、何から何まで薬の副作用、離脱症状、後遺症だと思います。

病院から旅立ってもらうのが目的だとはとても思えない
本当に逆の意味で良くできた薬ばかりです。芸術的です。

またTwitterなどではまだ一般的に何十年も疑いなく薬を信じ、苦しんでいらっしゃる方が沢山います。

当たり前といえば当たり前ですが、パニック障害やうつ病が治ったという方が、お薬を服用していたり、お守りに持っていたりはしません。

今はお薬の力を借りても、たとえ少しでも行動をして自力を上げましょう。

いつか止めるのが正解なんだと分かってさえいれば大丈夫なのかなと思います。



2019.8.26

超お久しぶりです(^^)

初めてこちらを覗いた日、次の診察でよく効く強い薬に変えるつもりだった日、このサイトに出会い、みなさんの真実の投稿を見て信じることができ助けていただいたようなものです。

今、本当の情報を知りたかったためカウンセラーの資格をとりました。ちょこちょこ相談を受けたりもしています。

そういう時、やはり経験が生きています。

道を知っている者と、実際に歩いた者は違う

病気もマイナスな事ばかりでもないです!


管理者様、投稿者様、頑固だった私の考えを変え、命を助け人生をプラス方向へと導いて下さいました、
本当にありがとう。

今私は、当時の自分のような、まだ断薬を信じられない方が沢山いますので力になる義務と喜びを感じています。

ありがとうございます(^^)またどこかで繋がれたら嬉しいです。


2018.12.20

皆様お久しぶりです(^^)

手違いか、誤作動か、体験談が消えてもどりませんが、気持ちを切り替えていきましょう(*^^)v
何度も何度も半信半疑を繰り返した断薬ですが振り返ってみると断薬して100%良かったと言い切れます^ ^
よく断薬を信じたと喜ばしいです。

みかりんさんの体験を何度も何度も読ませて頂いたことが懐かしいぐらいです。

また当時はスッキリと良くなったなんて投稿を全く信じる事が出来ませんでした。

今では信じられます。落ち込んだり、少しの不調が現れそうになっても自分で切り替えて、蹴散らす事ができます٩(ˊᗜˋ*)و
もう大丈夫です(^^)


振り返って見ると原因はほんの少しの不調をネットで調べまくりこういった疾患を知ってしまった事(疾患や不調に集中することにより、神経シナプスが増強され簡単に不調を誘発してしまう)
そして薬が必要だと思い込んだ事が原因かとおもいます。

*以下少し強い言い方になりますm(_ _)m


ハッキリと言ってしまいますが薬では治りません。
原因を治すのでは無く症状に対処するだけの物です。
同じ例として頭痛薬を想像してみて下さい、痛みを感じなくさせているだけで治してはいないのです。
ですから本当に辛い時だけは役にたちました。
脳内物質の減少などは、まだまだ仮説でしかない段階の薬なんです。

薬が効いている状態で治りに向かっていると思うのは完全に勘違いです。
当たり前ですが薬を飲み続けながら完治した人はいません。
弱い薬に変えたり減薬断薬をしながら完全に離脱がなくなるまで頑張って治るんです。

薬は俗に言う麻薬と全く同じです。
麻薬と同じですからどんどん効きがわるくなり、分量が増えたり強い薬、長く効く薬を求めます。
もちろん比例して副作用、離脱症状は強くなります。元々あった症状より辛い症状として出てきます。
薬とずっと付き合いながら生きて行けばいいなんて一番遠回りな勘違いです。
0から、いやどのレベルのマイナスから断薬を始めるのかという事になります。

自分がおちいった事を出来れば繰り返して欲しくありません。

なかなかこのサイトに来る事も減ってしまいますが
自分なりに皆さんに伝えておかないといけない事ですm(_ _)m



2018.12.15

数日で戻らなければまた新たに体験書きます( ̄^ ̄)ゞ

問い合わせをしていますが、コピペか絵文字のせいか確認画面と違い全部削除となります。もし体験談が消えていても、仕方ない、としましょう( ̄^ ̄)ゞ

2月(振り返り)

初期に処方された薬は勝手に却下しました、飲むと体調が落ち込む、

考えたくない事ほど頭に浮かぶ、家族に「刃物を全て隠すように」告げる。

脳内物質を化学的に触る事はとても危険だと感じた

今思うと「慣れるまで2週間は飲み続けて下さい」は悪魔の言葉だったかもしれない。

あのまま薬を飲み続ける事を選択する方が多いという現実に、権力を信じてしまうことに血の気がひく。

そういう薬の離脱や副作用はきつい事は、今なら容易に想像がつく

アメリカでの銃乱射事件の犯人のほとんどが精神薬の乱用者

希死念慮や攻撃性が現れる事を厚労省も認めています。

何が何でも断薬してやると誓った時期でした。



2016.01月頃(振り返り)

どこから辿り着いたのか、このサイトとの出会いが力強い味方になりました、また、次回の診察で、長く強く作用する薬にかえてもらうつもりでした

大袈裟ではなく、僕にとって生死をわける出会いだったと思います。

まさか噂にきく、薬漬けという世界が本当にある事がリアルにわかりました。

2019/11/18 12:27:56
87件のコメント
GJ
ゆうさん(^^)おはようございます

モヤがかかった感じが減ってきたんですね

良かったですね(^^)

睡眠ですがゆうさんも感じておられるかと思いますが、神経質になると悪循環になりますよね

中途覚醒というよりは、最近早く目がさめる…だけです…

睡眠に関してはあまり悪化したままのお話をききませんので、確実によくなるので大丈夫かと思いますよ〜(^^)
2019/11/01 06:41:27
ゆう
GJさん
早速の返信ありがとうございます。
神経質になると良くないですよね~本当に。
良くなっている方が多いんですね!薬を飲んでいたときよりはかなり良くなっているので焦らずいきたいと思います。
2019/11/01 06:56:28
しじみ
GJさんへ
初めまして。最近登録しました。
私は8月に一気断薬して9月再服薬しました。今、体調を回復させて再度年明けに減薬をしていきます。今度はゆっくりと時間をかけて。
昨日GJさんの体験記録全部読ませていただきました。とても感動し勇気が湧きました。目の前の景色が違って見えるのですね。
減薬中 度々読ませていただくかと思います。
今後とも よろしくお願いします。
寒いのでご自愛ください。
2019/11/07 06:40:42
GJ
しじみさん(^^)初めまして〜

うわぁ、こちらこそありがとうですよm(_ _)m

Twitterなど一般的にはまだまだ断薬自体が信じて貰えない事もある現実です…

お一人でも薬の怖さや断薬に辿り着かれた事が嬉しいです(^^)

良くなったり、落ち込んだりしながらの治り方が当たり前ですので、どうか良い方にとらえていって下さいませm(_ _)m
2019/11/07 07:13:59
けんたろう
GJさん
お久しぶりです…あれからアルプラゾラム0.4mgを朝2昼2夜2錠合計6錠飲みました…頭がポーッとして一週間後に1.5錠の朝昼夜合計4.5錠 変わらなかったので朝昼夜1錠の合計3錠で10月まで服用しました…やはり離脱症状は多少和らいだものの頭のフワフワ感や腹痛はありますが、吐気、手の痺れ、目眩は殆ど感じなくなりました…たまにいきなりなりますが…これ以上待っても仕方がないので11月より1週間で2.3%で月10%の減薬でやってます。まだ半月で今は6%減薬で離脱症状は変わりませんね…このまま進めて行きたいと思います…まだまだ先は長いですが1年ちょいで断薬できるかなぁと思ってます…
2019/11/15 20:48:03
GJ
けんたろうさん

お久しぶりです、ご無沙汰してすみませんm(_ _)m

吐気、手の痺れ、目眩は殆ど感じなくなってよかったですね。

離脱症状といえば、新しい症状が現れたり、いつの間にか消えていたり…

けんたろうさんは重々わかっておられると思いますが、参考にされる方もいらっしゃいますので書きますと、

治り方は上がったり下がったりしながら治っていくようなので、
下がっている時ばかりをカウントしていくと、何も回復していないように感じてしまいますよね、
実は振り返ってみると出来ている事もあると思います。

どうか、けんたろうさんの自力が上がりで抜けていけますようにm(_ _)m
2019/11/15 21:07:53
けんたろう
GJさん
ありがとうございます!そうなんですよ…良い日と悪い日が極端過ぎるぐらいです…ただ前は良い日は殆どなかったのですが…良い日は美味しい物をたべたいと思いちょっと贅沢に料亭で、食事してます。断薬中は外食もできなかったので、昼間調子の良い日は現場回りやドライブまでできるようになりました。ただ調子の悪い日は全く動けないって言うか薬が効かないです…極端過ぎるのがこまりますね…
2019/11/15 21:42:26
しじみ
GJさんへ
おはようございます。寒い日が続いてますね。
私は7月11日パキシルと炭酸リチウム錠を断薬しました。不思議なことにふらつき程度でした。後でパキシルの怖さを知りましたがメイラックスを併用していたからなのかな?と素人判断でやりすごしました。ただ、8月6日ロフラゼヴ酸エチル(メイラックス)1㎎をこれも断薬した結果大変な目に会い、9月24日メイラックス1㎎再服用しました。何故そんな症状がでたのか原因が分からなかったのと先の見えない不安感で再服用になったと思います。その後いろいろ資料や体験談を読んだりしました。10月24日にメイラックス1㎎→ジアゼパム錠3mgに置換しました。再服用後2か月たちます。断薬時の苦しい症状の9割方はなくなりました。今はふらつき感と目の周辺のこわばり 便秘(今までなったことなかったのです)ストレスに弱くなってるなあという感じがあるだけになりました。減薬再スタートはもう少し先にしようと思っています。来年1月下旬~2月位で。かなり慎重になっています。あの怖さを一度体験してしまうと。また、早く減薬に入りたいという気持ちもあり複雑ですが、ゆっくり時間をかけて減薬することを考えると今は再スタートも十分時間かけてからしてもいいかなと思っています。それにしても時間のたつのは速いのか遅いのか。再服用後毎日日記をつけてます。
それでは、近況報告ですが。遅ればせながら、資格取得おめでとうございます。是非いろいろな方(私もまぜて!)にアドバイスお願いします。減薬断薬の成功は気持ちの部分が99%位あるように思えてきました。なにげない一言でも 助かります。 それでは 本当に寒い!
2019/11/23 07:00:05
GJ
しじみさん

投稿も見させていただきました、けんたろうさんと情報交換されてるんですね(^^)お二人とも前向きに歩んでおられるので、力をいただけます。

離脱症状や副作用なのか、本当は精神疾患の症状なのではないのか、よく不安になりました。

自分の体験では、結果どちらにしても上手く断薬をしていって治るという事でした。

いまは本来の疾患よりも薬の副作用、離脱症状のほうが病気のような気さえします。

しかしその離脱症状は、いつかお薬なしで超えれるように練習や特訓させてくれる物で間違いありませんでした。

Twitterなどでは減薬、断薬といった思考にたどり着く事さえできない方が沢山います。

自分の場合は難治性で治らないんじゃいか?何度も落ち込みました、でも必ず大丈夫、治りますので。遠回りしても回復への道は間違っていないと思います〜

ほんの少しずつでも回復を楽しみにしています。

ではではお大事にm(_ _)m
2019/11/23 07:56:35
しじみ
GJさんへ
そうですね。離脱症状は薬なしで日常生活できるための特訓させてくれてるものっていう感じ方、大切に持っていようと思います。ありがとうございました。また お邪魔します。
2019/11/23 11:11:17

コメントを書く
名前
パスワード
パスワードを設定すると、後からこの投稿を削除する事ができます
 

© 2019 断薬.com All rights reserved.